中村尚美 - なかむら なおみ コントラバス・ウッドベース/ピッコロベース奏者 -のOfficial Weblog


by jazzbass703

タグ:トレモロ兄弟 ( 4 ) タグの人気記事

トレモロ兄弟@宇治

トレモロ兄弟 20100627
 トレモロ兄弟の弟の柴田氏が技術顧問で指導しに行っている「フローラ」の定期演奏会にゲスト出演してきました。
 このコンサートは無料で開催されて、とても暑い日だったんですが、立ち見のお客様が沢山いらっしゃいました。
会場は宇治文化ホールで生音が綺麗に響くホールでした。 
 トレモロ兄弟の長女になるまではマンドリンと言う楽器に縁がなかったのですが、繊細な哀愁の響きがエキゾチックで惹き付けられています。フラットマンドリンとは違う儚げな響きです。
 そう言えばDVDで沢尻エリカ様主演の「クローズド・ノート」と言ういい映画を見たことがありますが、エリカ様が清楚な姿でマンドリンを弾いてました。
 マンドリンはそんな清楚なイメージの濃い楽器ですが、我らトレモロ兄弟は「ディスコモスクワ」と言う曲なんかでは、お客さんとコール&レスポンスで手拍子したりの型破りなユニットなのであります。
Naomi♪Nakamura

▼......続きはクリック......▼
[PR]
by jazzbass703 | 2010-06-27 23:57 | + ライブ・レポート
100313_192056__MG_4959
久しぶりのトレモロ兄弟でした。今回は次男の柴田さんのコンサートにゲスト出演と言う形で出演してきました。ジャズ畑の私にとってはこういうバンド編成はスッと馴染みますがマンドリン界にしてみれば画期的な試みなのだそうです。私はマンドリンの繊細な音色が大好きで、このトレモロ兄弟で演奏の機会がもっと増えたらいいなあと思っています。
柴田さんはコンサートの中でマンドリンの歴史を話したり、長男の吉田さんから借りた年代物のマンドリンを使用したり、元々はピックでは無くダチョウの羽の軸を使っていたらしく、ご自身で作ったもので演奏したり盛り沢山の内容で素晴らしいコンサートでした。
コンサート成功の後は勿論打ち上げですよね。コンサート会場のビルの20Fの居酒屋でバーンと打ち上がりました。夜景がとっても綺麗でした。
Naomi♪Nakamura
100313_214155__MG_5177

▼......続き......▼
[PR]
by jazzbass703 | 2010-03-13 23:55 | + ライブ・レポート
20091011_201809_MG_5778
●10/10、11の二日間フェニックスホールで第五回大阪国際マンドリンフェスティバル&コンクールが開催されて私は「マリオネット」の吉田剛士さんの「トレモロ兄弟」のベーシストとして参加しました。パーカッションはチーチョ西野さんです。
コンクールと言う位ですから出演者はピリピリしていたはずです。今回はロシアの楽器バラライカのコンサートもありました。皆さんバラライカって楽器を見たこと有りますか?聞いた事も無い人がほとんどかも知れません。どんな楽器かと言うと三角形の楽器です。三角形ってと思うでしょ?証拠写真が有ります。バスバラライカっていう一回り大きな楽器と更に一回り大きなコントラバスバラライカと言う楽器も見ました。大きさと形にショックを受けました。
トレモロ兄弟の出番がきました。今までの緊張感の有る空気を徐々に打ち破り最後の曲では会場が一体となって手拍子が沸き起こりました。しかし美しく揃った手拍子でした。流石皆さん真剣にマンドリンに打ちこんではるだけありますね!アンコールが終わってさあ打ち上げです!
打ち上げではリカルド・サンドバルさんの演奏を聴かせてもらいましたが、むちゃくちゃカッコ良かったです!あれはおそらくインプロビゼーションしていましたね。ジャズもされてると思います。
で、流石ラテン系です、カッコいい早弾きの演奏をしてから「今から演る曲は此処に居る全ての女性の為に演奏します。」と言うて美しいバラードを弾きはじめたもんだから女性はメロメロになってました(笑)数曲チーチョさんも呼ばれてインタープレイしてましたが息ピッタリでした!打ち上げでこんな淒い演奏が聴けるとは思わなかったのでラッキーでした。 
Naomi♪Nakamura
20091011_112458_MG_534520091011_112403_MG_5341

▼.....つづき.....▼
[PR]
by jazzbass703 | 2009-10-11 23:55 | + ライブ・レポート
20090725_133542IMG_9249
高槻現代劇場でマンドリンオーケストラコンサートがありました。
主催はポルトガルギターとマンドリンのデュオで有名なマリオネットのマンドリン担当の方:吉田剛士氏でした。
今回私が呼ばれたのは「トレモロ兄弟」と言うデュオのデビューのバックを務める為でした。吉田氏のオリジナル曲でしたが、リハで初顔合わせの時に「お任せしますので、どうぞ好きなように弾いて下さい!」と言われました。。
。と言う事で好きに弾かせてもらいました。楽しかった〜(^o^)
この兄弟は感覚が違ってるようで、こんなやり取りが交わされたそうです。
弟)「マンドリンは座って弾くのに立って弾くのは?」
兄)「カッコイイやろ。」
弟)「弾き難いし、立って弾く意味が分かりません。」
本番では息の合ったプレイを聴かせてくれたマーベラスな「トレモロ兄弟」でした!
Naomi♪Nakamura

▼.....つづき.....▼
[PR]
by jazzbass703 | 2009-07-25 23:55 | + ライブ・レポート